もう二十年近く前に、とあるオーディオマニアの方から譲ってもらい、気に入っていたAW-1でしたが、このところ電源は入るのですが、AUX、ラジオ、カセットともに音が出ず、といって中古購入で保証書もなく、修理先もわからないまま、埃を被っていました。

あの音をもう一度復活させたい!

でも、あの音をもう一度聴いてみたいという思いを抑えきれなくなり、ネットにて修理先を探してみると、意外に簡単に見つかりました。

このページをご覧になられている方であれば、すでにご存知でしょう。ヤフオクに修理の出品をされている totoiy2 氏です。

果たして、修理ができるものかと、質問欄で問い合わせを試みましたが、それに対しての返答はありませんでした。が、出品ページに書かれていることは事細かく記述されていますし、落札者の方々の評判も悪くありませんので、落札し、AW-1の修理を依頼することにしました。

説明には、後払いでと書いてありますが、自分の場合は、ヤフオクの落札後の流れにそって、かんたん決済にて料金を支払ってからの依頼になりました。(特にその点に関して問題はありませんでした)

こちらのAW-1の状態を説明し、送ってくれて良いですとの通知が来他時点で、AW-1を送りました。

私の所からだと、クロネコで送れば次の日には到着し、ほぼ1日預けただけで修理完了。次の日には発送して頂きました。

この早さには、ちょっと驚きました。

現在のAW-1

音の出なかったAW-1から、音楽が流れ出た時には、本当に感激しました。回路が新品になっているので50時間のエージングをしてくださいとのことで、一通りCDを聴いて楽しんだ後は、ホワイトノイズを流してエージングを行いました。(私感ですが、エージングを終えると音のまとまりが良くなったように思います)

私は、このAW-1をスピーカーとしてだけ使えれば充分でしたので、AUX端子を直結し、カセットを不動にしてもらい今後トラブルがでにくい仕様にして頂きました。

さらにオプションとしてラジオの液晶に照明を付けることもできました。特に追加料金も発生しませんので、依頼される時にはおすすめのオプションです。

肝心の音の感想は?

オリジナルの時の音は、音の出なかった時間が長すぎていて正直比較できるほどには覚えてはいませんので、現在のAW-1の印象を書いておきます。

BOSE 501Zも持っているのですが、人の声など中音域の艶やかさはAW-1の方がクセがなく聴いていて自然な感じを受けます。構成が似ていることもあってか、全体的な音の作り方は似ていますが、中音域は、501ZではなくAW-1の音の出方の方が好みです。

AW-1はホームシアター用にしようとして修理しましたが、音のまとまりも良いので、意外にBGM的な使い方にもむいています。

AW-1とJBL LSR2325P(パワードモニター)を並べて使っているのですが、音の広がり以外は、AW-1も引けを取りません。低音域では、AW-1の方が上回っている印象さえあります。

JBL LSR2325P

AW-1はボリュームを絞っても、低音が貧弱にならず、響きが痩せませんので、野外音楽堂の外野席でライブを聴いているような気分を味わえますよ。

ボリュームを上げれば、迫力ある音を堪能できますし、古さを感じさせずにいつまでも使っていきたいAW-1です。