そろそろ大掃除の季節となりました。掃除が重ならないように少しずつ片付けているところです。

その中でも、長年の懸念であった台所のシンクの茶色の汚れをどうしてもキレイにして、元通りの白さを取り戻したいというのが私の願いでした。(ちょっと大げさですが)

母が気になって仕方がないようで、昔の人間ですからクレンザーで一生懸命に磨いているのですが、少しも白くなりません。これは、どうしたものかと色々考えあぐねた末に試したのが、キッチン漂白剤です。

人工大理石は酸性やアルカリはダメだと聞いていたけれど…

結果から言いますと、私が使ったのは、キッチン泡ハイターです。

長年、クレンザーで磨いてきたためか、シンクの表面に無数の傷が入ってしまい。その傷の中に汚れ(もしくはカビ?)が入り込んでしまっているようです。

ほぼ何にでも使えて便利なメラミンスポンジでこすっても、それほどの効果はありませんでしたから、ほぼお手上げ状態。業者に頼むしかないかな。と考えていました。

それでもダメ元で、漂白剤を使うことにしたのですが、私が使ったキッチン泡ハイターは、アルカリ性。確か人工大理石は、アルカリもダメだったように聞いていたのですが、キッチン泡ハイターが使えるものの中に、

プラスチック製品(メラミン除く)、ステンレス製品、シリコン製品、ナイロン製品、人工大理石、陶器、ガラス器、木・竹製品

となっており、人工大理石も入っていたので、さっそく使ってみました。

驚くほど、シンクが真っ白になってしまいました

茶色く変色した部分を中心にキッチン泡ハイターをかけていき、一通り終わってからそのまま5分待ちます。

すると、部分的には泡が茶色くなっているところもありましたが、さほどでもありません。泡全体はまだ白いまま、ゆっくりと排水口の方へ流れていってます。

説明書には5分待つように書かれていたのですが、更に2分待って(計7分)から、水で流して見ると白くはなっているものの、まだ茶色く変色している部分は残っていました。

そこで、充分にシンク全体を水で洗い流した後、再度、キッチン泡ハイターをかけて、さらに5分待ちます。

水を流してみると、茶色くなっていた部分がなくなり、すべてが白くなりました。

もちろん、ついている傷は、そのままですが、傷の部分だけに汚れが残っているということもなく、ほぼ真っ白になりました。

キッチン泡ハイターって、すごいですよ。

たぶん、お店で売っていると思いますので、気になった方は、さっそく試してみてくださいね。スッキリしますよ。

キッチン泡ハイターってこれです⇒ 花王 キッチン泡ハイター ハンディスプレー 400ml【kaoecob13a】【kao9kyD101】

【追記】風呂ふたまで、あの嫌なカビの黒ジミも概ねきれいになりました

台所のシンクがウソのようにきれいになりましたので、ちょっと調子に乗って洗剤でいくらこすってもとれない風呂ブタの黒ずみもキレイになるのではないかと考えて、キッチン泡ハイターを吹きかけてみました。

案の定、ちゃんと効きます! そごいぞ、キッチン泡ハイター!

さすがにシンクのように真っ白にはなりませんでしたが、それでも黒くなってしまっていた大部分が消えてしまいました。部分ぶぶんには、まだ薄く跡が残ってはいますが、何度か処理すればきれいになるのではないかと思います。(あくまで個人的な考えです)

ただ、400ml入りのものだと先日のシンク2回処理と今回の風呂ブタの表裏1回ずつに加えて洗面器にも使うとほぼ空になってしまいました。

次回買う時には、業務用の付替用の1000mlボトルを使おうと思います。

※ ちなみに洗面器に吹きかけてもさっすがに泡が滑り落ちてしまいました。なので、水を張ってそこに泡ではない普通のハイターを入れた方がよさそうです。

人工大理石のシンクをキレイにできれば…、という思いで使ったキッチン泡ハイターですが、キッチンだけではなくお風呂のカビや汚れまで落としてくれるとは思いませんでした。

水回りがきれいにならずに、悩んでいる人には是非教えて上げて下さい。驚くほどキレイになりますから。