寝る前にリラックスするための音楽を聴いたり、映画やドラマを横になって見たい時、意外とボリュームを上げないと聴こえないという時がありませんか?

一人であれば、それでも良いのですが、一緒に休んでいる人がいるとボリュームを上げることができませんよね。

そんな時は、イヤホンやヘッドフォンを使わないといけなくなりますが、横になると耳に負担がかかって快適に聴くことができません! 耳が痛くなることさえあります。

でも、横になってもまったく耳が痛くなく、快適に使えるヘッドフォンがあったら、使ってみたいと思いませんか?

そんな時は、これが最高に楽でいいですよ!

横寝してても超快適に使えるスリープフォン

スリープフォンは、見た目はヘッドバンドそのものです。スピーカーの厚みも手で触ればあることはわかりますが、使っていると、ほぼ感じません。

このスリープフォンを私が知るまでには、イヤフォンをつけて聴いたりしていましたが、横になって寝ていると、枕で押さえられている方の耳がけっこう痛くなってしまい途中で外さないととても聞き続けられるものではありませんでした。なので、反対側のイヤフォンだけを耳に挿して聴いていました。

でも、スリープフォンなら、まったく気にしなくてよいのです。なにせ平面なので、耳に物理的に当たるものがないのですから。

お休みの前に一人静かに音楽を愉しみたいあなたにこれ以上のものはないと断言しても良いくらいのものです。音漏れもほぼないようです。これまでに文句を言われたことはありませんから。

使ってみてのレビュー

このスリープフォンの利点はすでに書きました。そこで、私が使って気になったところをすこし書いてみます。

私が購入する時に一番不安に感じたのは、これだけ薄いスピーカーだと音が貧弱じゃないの? ということでした。はっきり言ってお値段もそこそこしますし、買ってガッカリしたくはなかったので、そこが心配でした。

実際に使ってみると、重低音がバリバリ出るということは正直ありませんが、意外と良い音をしていますので、安心して下さい。素直な柔らかい音がします。すでに5年ほど使い続けていますが、不具合もなく、いまだにほぼ毎日使っています。

唯一気になるところがあるとすれば、それは使っている時に頭を動かす(寝返りを打つ)とズレて聴こえづらくなる時があることです。仕方がないのかもしれませんが、そんな時にはバンドを少しずらしてスピーカーの位置を耳元へ持ってくる必要があります。

【スピーカーの位置がずれるという記述に関して】スピーカーの位置をヘッドバンドの外側からではなく中に指を入れて調整することによって、ほぼ解消することができました。要は、自分の耳の位置とスピーカーの位置が合っていなかったということのようです。スピーカーの状態についてはこちらのページに写真入りで紹介していますので、参考にして下さい。

ちなみに私が使っているのはMサイズで、頭のサイズは59cmです。

どちらにしても、ヘッドホンを付けていると頭に違和感を覚えるような方には、このスリープフォンは付けていてまったく負担を感じいませんから、お出かけのときなんかもよいかもしれませんね。

私が購入した時にはコードレスのスリープフォンはありませんでしたから、外出用であればそちらの方がよいでしょう。周りの人にあなたがヘッドフォンを付けていると気づかれることはまずないと思います。

寝る時に使うだけであれば、コードが付いていてもじゃまになることもありませんから、コード付きをおすすめします。

これまで使ってきて、バンドが伸びたり、汚れが取れなかったりと言ったトラブルは経験していません。

使うと、その使い心地にちょっと感動すると思いますよ。

 ⇒ スリープフォン(グレー) Mサイズ