口の中に血豆が…

何時の頃からか、口の中(頬の内側や舌の裏)にわりと大きめの血豆ができるようになりました。

特に何もしていないのに、突然、口の中に違和感を感じ、舌で触ってみると頬の内側に血豆ができているといったことがたまに起きていましたが、放っておくと(ほぼ1時間くらい)自然としぼんでしまっていたので、特に気にすることもないまま時が過ぎていきました。

ところが、口の中に血豆ができる頻度がじょじょに上がってきて、つい最近できたのにまた…、ということがあり、頻繁にできるようになったのです。

さすがに、ちょっと気持ち悪くなって(気持ちがです、体はとくに調子を崩したりはしていません)何か対策をした方がいいかな? と感じていたところ。

ハミガキ粉が切れてしまったので、ハミガキ粉を買いに行きました。

その頃は、特に決まった銘柄のハミガキ粉を使っていたわけではなく。良さそうなものを適当に選んで使っていたのですが、ドラッグストアの売り場でハミガキ粉を見ていて、シャボン玉せっけんハミガキに目が止まりました。

これまでにせっけんはみがきは、一度だけ使ったことがあったのですが、泡だたないし、爽快感があまりなかったので、それ以来使っていませんでしたが、合成の化学物質が入っておらず、低刺激なので、もしかしたら血豆に良いかもと考え、使い始めたのが切っ掛けでした。

せっけんハミガキを使いだしてそれ以来、口の中に血豆は1回もできてはいません!

もちろん今もせっけんハミガキを使い続けています。もし、あなたが普段使っているハミガキ粉が刺激の強いものであるなら、シャボン玉せっけんハミガキに変えてみて様子をみてください。

普段歯磨きをしていて、舌にハミガキ粉のピリっとした感覚を感じている人は、かなり血豆のできる頻度が改善されるか、まったくでなくなると思います。あの血豆ができた時の嫌な感触から開放されることを願っています。

汚れ落とし成分と調整のための成分以外のよけいな成分が入っていないナチュラルな歯磨きです。
今では、他のハミガキ粉を使う気にはなれません。

口の中に血豆ができるのはなぜ?(実体験から)

口の内側を噛んだことが原因だと、よく言われていますが、私の場合、その自覚はありませんでした。噛んだから血豆になったのではないと思っています。

と言うのは、明らかに口の中を噛んだことがあったにもかかわらず、その時には血豆はできたりしませんでしたから。頬の内側を噛んでしまうような時には、何度か続けて噛んでしまうことが多かったような気がします。(血豆ができる時の噛み方がもしかしたらあるのかも知れません)

他には、歯のかみ合わせや、疲労、ストレスなど上げてあることが多いですが、私の場合に限っては、どれもピンときません。

口内炎などとの関連も指摘されていますが、私はこの20年位は口内炎ができたことはありませんので、ビタミンが不足していたようにも思えないのです。(野菜好きですし結構食べてる方だと思います)

いまだに血豆ができていた原因はわかりませんが、刺激の少ないハミガキ粉へ変えたことですっかりできなくなりましたので、口の中での化学物質などの刺激が悪かったのではないかと考えています。

これは、ごく私的な体験談なので、症状が改善されず、心配な場合にはしかるべき所へ行って専門家に診てもらってくださいね。あなたが健やかな日々をこれからもおくれますように!