花粉症がでる季節になると、鼻水や鼻詰まりの他、目にかゆみがでたり、目がしょぼしょぼしたりします。

花粉症によって、目がしょぼしょぼするのは、アレルギー反応によるものと考えられます。

アレルギーだったら、アレルゲンとなる花粉に振れないようにすることが一番ですから、目のかゆみや目のしょぼしょぼは、花粉症用のメガネをかけることでもだいぶ抑えられます。

目がかゆい、目がしょぼしょぼするという症状から考えるに、アレルギー性の結膜炎を疑ってみてよいでしょう。

そのアレルギー性結膜炎についてその症状についてや気をつけること、治すためには何をすればいいのかを紹介していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

アレルギー性結膜炎とは

花粉症の症状の中でも、目がしょぼしょぼするアレルギー性結膜炎は、花粉によるアレルギーに起因した結膜炎です。

アレルギー性結膜炎については一年サイクルで一定のシーズンに症状が出てくる季節性のタイプと症状が通年継続する通年性のタイプの二通りのタイプがあります。

季節性のタイプは多くが花粉によるアレルギー反応からなるものです。
アレルギーの原因となる花粉は、花粉症を引き起こしているアレルゲンである花粉です。

花粉症と同じくスギやヒノキの花粉が代表的な原因となっており、毎年花粉症に悩まされている人には花粉の飛散する季節はほんとにしんどい時期でしょう。

アレルギー性結膜炎の症状ってどんな風なの

アレルギー性結膜炎の症状としては、目のかゆみや、目がしょぼしょぼします。この時に、目のかゆみを我慢できずにかいたりこすったりしてしまうと、目のしょぼしょぼがひどくなったり、目に違和感を感じるようにになります。

何も治療をせずにそのままにしておけば結膜が充血し、目蓋までが赤くぼってりとして腫れてしまいます。症状がさらに進んでいくと、角膜の周辺が充血してきて、結膜に目やにが出て来ます。

アレルギー性結膜炎になったら、早めに眼科を受診しましょう

眼科へ行くと、すぐに診断がつきます。花粉症の季節になり、症状が出始めたら、早めに眼科を受診して目薬を出してもらいましょう。

眼科で出してもらった目薬を点眼すると、早期に症状が出なくなります。

アレルギー性結膜炎は花粉を寄せつけなければ予防できる

アレルギー性結膜炎の基本的な予防は、花粉から目を守ることです。外出の際には、花粉症用のメガネをかけていると、目に入る花粉の量を大幅に減らせますから効果があると思います。