ほぼ週いちライダーです。風の気持ちよい季節は短く、そろそろ風が冷たく感じる季節へとなってきました。でもバイクで走る楽しさは少々の寒さなんかでおとろえはしません! 週いちのペースは冬でもほぼ落ちることなく走っています。

その冬の寒さを防ぐための装備のポイントを紹介致します。寒さの感覚などはかなり個人差もあると思われますので、その辺はご考慮ください。私は、どちらかと言うと寒さに強い方だとは思います。(あくまで九州人の感覚ですが)

【ポイント1】ジェットヘルでもマスクをすれば冬も快適です

一年を通してジェットヘルを使っています。ジェットヘルをフルフェイスまたはシステムに変えようかとも考えていますが、今のところは、まだ検討するまでには至らずジェットヘルで事足りています。

たださすがにジェットヘルそのままでは、冬の冷えた風が顎のあたりを直撃しますから、防風のためにネックウォーマーを鼻まで引き上げるか、レスプロのスポーツマスクをしています。

レスプロのスポーツマスクは、頭の後ろ側で、マジックテープで留めるようになっており、立体的な形状で鼻から口までをしっかりと包み込んでくれますから、防風も完璧ですし、他のマスクのようにメガネを掛けていても曇ったりしないすぐれものです。

【ポイント2】首まわりはネックウォーマーでしっかりと風を防ぎましょう

レスプロのマスクをつけている時には、アゴの下までマスクがカバーしてくれますので、薄めのネックウォーマーを口元まで引き上げ、マスクに重ね合わせるようにしています。こうすることで、ほぼ寒さを感じることはありません。

⇒ 【ネコポス選択送料無料】EXIO エクシオ 防寒 ネックウォーマー 全2色 フリーサイズ | メンズ レディース フェイスマスク フェイスガード 冬用 防風 アウトドア スポーツ バイク 自転車 登山 トレッキング スノーボード スキー ハロウィン

【ポイント3】防寒防風防水機能のある釣り用のジャケットが実用性充分

バイク専用の冬用ジャケットでも良いのですが、結構なお値段がするので、防風で防寒にも優れ、防水機能もある。リプナーの上着を使っています。とても防寒性が高いので、上着の下はシャツの上にユニクロのフリースを着ているだけで、ネックウォーマーさえしておけば、首周りから風が入りませんので、ほぼ寒さを感じることはありません。

防水機能もあるので、天候が悪くなった場合でも上半身はそのまま、レインコートのズボンだけを穿けば雨は防げますので、荷物も減らせます。

ただ通販で購入をはじめてした時に、冬だからと重ね着することを想定し一回り大きなサイズを買ってしまったのですが、防寒性がこれほど優れているなら、ワンサイズ大きくする必要はありませんでした。(あくまで私個人の場合)

逆に大きすぎることにより、高速道路を走ると二の腕の部分のバタついてしまって気になります。サイズは変に意識せず、そのままの通常使っているサイズで注文するべきでした。

上着のバタつきを抑える工夫

バタつきが気になる場合は、自転車用のズボンの裾を留めるベルトを二の腕に巻けば、ほぼ抑えられます。

胴体部分にバタつきがあれば、左右のショルダーベルトが胸のところや腰回りでしっかり留めることのできるデイパックなどを空のままで背負ってベルトを締めておけば防ぐことができます

一番良いのは、バタつかないサイズの合ったものを最初から選ぶべきでしょう。(通販での購入ではサイズ選びは時に慎重にしないと私のように失敗します)

【ポイント4】グリップヒーターをつけると風を防いでくれる手袋があれば充分

以前は、軍手の上に風を通さない手袋をして走っていました。ただそれでは、ハンドルがコーラの缶を握っているようでしたが、寒さで手がかじかんだことはありません。

現在はネオプレーンの手袋を使っています。グリップヒーターをつけていますので、寒さに合わせてヒーターを強くすればよく。お陰で、手は冷たさ知らずです。

ちなみにハンドルカバーはつけていません。確かに手の甲側は風に当たっていますが、手のひら側が結構暖かくなりますので、カバーの必要性は今のところ感じてはいません。

【ポイント5】脚はプロテクターをつけると防風性防寒性ともにあがる

ユニクロの防風スボンに膝から脛までをガードするニーガードをつけて走っています。プロテクターをつけることによって風が当たらなくなりますから、安全対策の他にも寒さ対策にもなります。

このプロテクターを付けていると、脚で寒さを感じるのは太ももの上部だけです。これも防風機能のあるズボンを穿くことによって寒さが凍みてくるようなこともなくなりました。

足は風の影響を受けないブーツで防寒

ちなみに足先は、特に対策はしていません。とくにライディング用のブーツを履いているわけではありませんが、足先が冷えたことはありません。このブーツ、安い割にしっかりしていますので、おすすめです。

それでは、冬の寒さに負けないように防寒対策をしっかりして安全にバイクライフを楽しんでください!