花粉症になって、かれこれ10年、少々メタボな身体を絞るためにロードバイクを始め、ようやく結果が出はじめてきた春先になると花粉症の症状が…。とてもロードバイクに乗るどころではありません。
ドラッグストアで買ったマスクでは、症状を抑えきらず、息苦しいばかりです。

そこで探し出して購入したのが、レスプロのマスク。全然息苦しくなく、花粉も防いでくれました。
とても快適に使えるマスクです。見た目がちょっと大げさなので、街中では微妙ですが…。

息をするのに抵抗がまったくないマスク

普通、フィルターの性能が高くなればなるほど、フィルターを空気が通過するにも抵抗があり、その結果、呼吸しづらくなってしまった経験があると思います。

特に呼吸を意識することのない場面であれば、それでも良いのですが、身体を動かして呼吸が荒くなるような時には、息を吸い込めず呼吸できなくなって、マスクを外したくなるでしょう。

そんな時、レスプロのマスクは、とにかく呼吸がし易いのです。息を吐く時にはバルブから速やかに排気されますし、息を吸う時にはバルブが閉じ、フィルターを通して空気が入ってきますが、ほとんどフィルターの抵抗を感じません。

ですが、フィルターもしっかり効いてくれているようで、レスプロマスクを着用していて、くしゃみが出たこともは1度もありません。

排気ガスの中を走るオートバイには必須

最初は自転車用に購入して使っていました。ただサイクリングでは、専用道路などを走る機会が多く、花粉の飛ぶ時期以外では、車の後を走ることもあまりありませんので、そう必要性を感じませんでした。

ですが、オートバイの場合はダンプや車の後を走ることがほとんどですから、ヘルメットに黒いススの汚れ(わたしは白いヘルメットを使っているのでよく分かるのです)が付きます。
特にジェット型のヘルメットであれば、もろに排気ガスを吸い込んでいる状態なので、レスプロのマスクをつけるようにしています。ヘルメットをかぶる前に装着しておけば、ずれるようなこともありません。

フィルター交換も簡単

わたしが使っているのは、レスプロの「スポーツフィルター」です。レスプロには他に「シティ/DACCフィルター」と「エアロ/アレルギーフィルター」がありますが、それらは使っていません。

このフィルター、結構いいお値段なので、わたしは時々流水で洗って使っています。あまりやりすぎるとフィルターの性能が落ちてしまうのかもしれませんが、これまで4,5回洗って使っていますが、今のところ機能的な問題は出ていません。フィルター自体にも別段問題はなさそうです。

フィルターの外しかたは、2ヶ所のバルブの表側と裏側を捻って外せばフィルターもそのまま外れますので、特に迷うこともないでしょう。むしろバルブをマスクの穴へ元通りにはめ込む時の方が難しく感じるでしょうか。(といっても大したことではありませんが)

まとめ

●レスプロのマスクはとにかく呼吸が楽でフィルターの性能も抜群!

●マスク本体は洗える。フィルターも洗って使えないこともない。

●装着感もよく、ほぼ、ずれることはない。

●花粉症の人がスポーツするための救世主的マスク。