シャチハタというと、すでにご存じの方がほとんどだと思います。営業関係や事務関係のお仕事をされている方であれば、日々の業務の中で、ほぼ毎日、使われていることでしょう。

しかし、お仕事でシャチハタを使われている方でもプライベートでシャチハタを使われておられる方はまだ少ないのではないでしょうか。

シャチハタというと真っ黒の本体に、あの真ん丸な印面を思い起こしますが、縦長の楕円形でも作ることができますし、字体も様々に用意されていますので、これを機会に是非、オリジナリティの高いプライベート用のシャチハタを作ってみてください。

シャチハタとは

シャチハタとは、朱肉やスタンプ台なしで、朱肉に代わるインクがハンコ本体へ入っているハンコのことです。シャチハタは、非常に使い勝手がよく、企業内の回覧文書や伝票印、訂正印などとして、ご家庭では認印として使われることが多いと思います。玄関先に一つ置いてあると宅配受取時のサインなどが簡単にできて便利です。

ただ、この便利なシャチハタも実印や銀行印、契約書への捺印用としては使えません。その理由は、シャチハタの印面がゴム製であるため、時間の経過と共に印相が変わってしまう恐れがあることと、朱肉を使った捺印でないと認められていないことがあります。なので役所の窓口でも使えません。

シャチハタのインク補充方法

シャチハタは使ってみるとわかるのですが、家庭で普通に使っているだけでは、インクがなかなかなくなりません。

わたしも自分のシャチハタを新調した時についでに補充インキを一緒に買っていたのですが、いざ補充しようとした時にはかなり年数が経っていましたので、結局見つけることができずに、再度、買うことになってしまいました(涙) 必要になったときに購入した方がよいと思います。

インクの補充は簡単です。認印として使ってるシャチハタであれば、本体のカバーを外すと、黒いツマミがありますから、そのつまみを引っ張って、外してください。つまみの下にはインクを含んだスポンジ状のものが付いています。そのスポンジを引き抜いた穴へ、少量のインクを入れてすべてをもとに戻せばOKです。

欲張ってインクを入れすぎると溢れて汚れてしまいますので気をつけてくださいね。ちょっと少なめかなぁくらいで充分です。

※ カートリッジ型もありますが、インクボトルのほうが、経済的です。カートリッジ型を購入される時には使われているシャチハタのサイズをよく確認してくださいね。

ネットで自分の好きなデザインのオリジナルシャチハタを作ろう!

ネット上では、ご希望のシャチハタ本体色、書体、インクのカラー、デザインが指定できます。

おすすめは、あまり奇抜なデザインにせず、基本は字体と字の配置をいじるくらいのほうが使いやすいものができるでしょう。(用途が決まっていれば、思いっきりデザインで遊んで、スタンプっぽくするのもアリだとは思います)

実際に注文する前にいろいろなデザインをシュミレーションしてみて、候補をいくつか作って、注文を入れてくださいね。注文を入れたら、変更やキャンセルができないオーダーメイドですから。でも、そこまで言うほどお値段がしないので、気軽にポチっちゃっても全然OKです。

まとめ

●シャチハタは黒! でなくともパステルカラーもあります。

●意外に遊べる印面のデザイン!

●お仕事だけではなく、プライベートにこそ、オリジナルシャチハタを!