コーヒーお好きですか? 

手回しのミルで豆を挽いている時に漂ってくるあのコーヒーの香りは、まさにコーヒーとも言うべき、なんとも言えない良い匂いですよね。

切っ掛けは、学生時代の友達の下宿で飲んだ一杯のコーヒーでした。

インスタントしか飲んだことのなかった私が、はじめて飲んだあのコーヒーの美味しさは、衝撃だったことを今でも覚えています。

ご自分でいれるコーヒーの味にムラはありませんか?

さて、そのコーヒーですが、コーヒーをいれる時の悩みが1つあります。

同じ銘柄の豆をいつも使っているのですが、味がうまく決まる時と、そうではない時があるのです。

一時期は、焙煎からやっていましたから、そのロースト具合が安定していなかったこともその一つの原因ですが、コーヒー専門店で焙煎してもらった豆を使う時にも、やはり味が変わることがありました。

コーヒーメーカーではなく、自分でドリップしていれるのは、そこが面白いからだと思われている方もいらっしゃるでしょう。そんなに気になるなら、コーヒーメーカーを使えば良いと…。

でも、コーヒーメーカーを使わなくとも、味のムラをなくす方法はあります。

味のムラをなくすための方法

さて、一定の味を実現するために必要なのは、正確さです。

いつも同じ量をアバウトではなく、きちっりと量ることです。

でもそれが、ハンドドリップだと、ついついアバウトになりがちですよね。

そのやり方は変えずに、道具を変えれば問題は解決します!

ハリオのコーヒードリップステーションセットには、ドリップしたコーヒーの重さが量れるスケールが付いています。ということは、いつも同じお湯の量でのドリップが可能だということです。

これは、コーヒーの味を一定に保つにはかなり便利な機能でしょう。

あなたのいれるコーヒーの味がうまくいったり、うまくいかなかったりと、出来上がりの味にムラがあるのであれば、一度、スケールを使ってみてはいかがでしょう。

お湯の量を測ってコーヒーをいれれば良いのですが、なかなかそこまではやりませんね。いれたコーヒー自体の量を量るというこの方法、手軽できっと手放せなくなります。