ネット口座を使うようになって、通帳は増えないものの、通常のキャッシュカードに加えてセキュリティ関係のカードがありますので、とにかくカード類がやたらと増えてしまいました。

ながらく、通帳やカードを入れておくのは、革製の長方形で、二辺が一続きのチャックで開閉できる昔ながらの通帳入れを使っていたのですが、仕切りがないので、入れ物の中はすべてを一緒に入れるしかなく、使いにくくなってしまいました。

そこで、新しくリヒトラブのマルチカードケースを購入しました。

マルチカードケースの使い勝手は?

マルチカードケースは、カード入れが12枚分付いています。ただ手持ちのカードはそれ以上の枚数になるので、入らないカードはポケットへ入れています。

普段から使用するカードはカード入れへ入れておけば、すぐに取り出せますし、その他の使用頻度の低いカード類はポケットへ入れておけばよいでしょう。

ケースの大きさ自体は、それほどでもありませんが、パスポートは通帳と一緒に、以前かかっていた病院の診察券などは表のポケットへまとめて入れておくくらいの収納力はありますので、必要な時にすぐに見つけられます。

私の場合は、ケースを持って回ることはしませんが、カード類の整理をするのには、もう少し、大きければと思う時もありますが、作りもしっかりしていますし、ジッパーの開け閉めもしやすくケースとしては使いやすいと思います。

マルチケースの使いにくさは?

銀行へ通帳や印鑑、カードを持っていくためのケースとしてはちょうどいい大きさと思いますが、持って回るためではなく、抽斗の中で、通帳やカード類を整理するのであれば、もう少し大きさがあったほうが使いやすいかもしれません。

ただ、ケース自体の使い勝手はよいと感じていますので、これから入れるべきものが増えてくれば、色違いのマルチケースを、もう一つ追加して使うなどすれば良いかなと思っています。(お値段もそれほどではありませんから)

旅行にサブの財布として

逆にコンパクトな大きさを活かして、数泊するような旅行時には、メインの財布とは別にいざという時のための補助的な財布として使う事もできるでしょう。

さすがにメインの財布にするには使い勝手は良くないと思いますが、貴重品などをまとめて入れるには丁度よい大きさでしょう。宿でセイフティボックスを使う時などは、この大きさであれば車の鍵や、時計、指輪までまとめて入れられて便利だと思います。

まとめ

●リヒトラブのマルチカードケースは、小ぶりだが、持ち回るのに使い勝手が良い。

●持ち回りをせず、カードや通帳の整理に使うには物足りないが、複数使えば容量の問題は解決できる。

●カラーバリエーションもあり、お値段も手頃な割には、マルチカードケースの作りは良い。