【ドライブの必需品であるスマホ、でも満足のいくホルダーは少ない】

ドライブへ出かける時、スマホにカーナビアプリさえ入れておけばもうカーナビは要りませんね!

新設された道も常に更新されていくし、そのための更新料がかかることもなく、なにせカーナビアプリ本体さえ無料で使うことができるのですから、地図で道程の下調べをしてから出かけていた時代とは隔世の感があります。たまにトンデモナイ道を案内てくれるのはご愛嬌(笑)

車を運転する時に便利なスマホですが、あなたはどこに置いていますか?

ほとんどの方は、スマホホルダーを買って設置されていると思いますが、そのホルダーに満足されているでしょうか。意外に満足のいくホルダーってないのでは? 帯に短しタスキに長しと言う感じではないでしょうか。

わたしがこれまで使ってきたものは、フロントウインドーへ吸盤でつけるものは、保持力は素晴らしかったのですが、画面が遠く、操作をしたい時に手が届かず、サッと画面操作ができないことが不満でした。

手前のダッシュボードへ設置するものは操作はしやすかったのですが、保持力が今一つでダッシュボード上へ円形のシールを貼りその上へ吸盤で貼り付けるタイプでしたが、吸盤が外れてしまいがちで手前に落ちてしまうことがありました。

細かいことですが、スマホを変えると充電のためのコードが挿せなかったり、本体横の物理ボタンの操作ができない位置にホルダーの固定具がきてしまって、使えないことはないけれど、すごく使いづらくなってしまった経験もあります。(これって結構悔しいものです)

できればスマホホルダー側で。ある程度の設置場所やスマホの保持調整ができるタイプのものがよいですね。

【細かく調整ができるホルダーだったら、スマホの用途が広がります】

スマホは、アプ入りさえ入れれば用途は無限ですから、ドライブの際にもカーナビアプリだけではなく、ドライブレコーダーや動画撮影のビデオとしても使うことができます。

そんな時に、カーナビ用途だけを考えて作られたホルダーだと画面は見やすく設置できても、ドライブレコーダーやビデオカメラとして使用したい場合には使えない、または使いづらいという可能性があります。

多用途に使用できるスマホならではの使い方に対応できるホルダーは言うまでもなく細かく調整がきくホルダーです。

【微調整がきく理想的なスマホホルダーはあるのか?】

Smart Tap Easy One Touch 2を使ってみて感動しました!

これまで書いてきたスマホホルダーの痒いところに手が届くって感じです。

●吸盤で固定されたところが遠ければ手前へアームを延ばすことができる。

●スマホの脱着が片手ですんなりできる。

●スマホ下を支えるストッパーの位置をずらすことができるので、USBのコードが挿せないということが起きない。

●吸盤の吸着力が強力。

Smart Tapを使い始めてから、ドライブ中のスマホに気を使わなくても良くなりました。快適に使っています。特に気に入っている点は奥行きが調整できること。そんなに伸びるわけではありませんが、運転席まわりで設置して使う分には充分でしょう。