あなたは、どんな自転車がほしいですか? クロスバイク、マウンテンバイク、それともロードバイクでしょうか。

自転車をはじめて買う時に大事なのは、自分に合ったフレームサイズのものを買うことです。

サイズが合わないと、しっくり乗ることができません。サドルの高さくらいは自分で調整がききますが、フレームサイズは、後から調整ができませんから、自分に合ったサイズか、ワンサイズ小さいものを選ぶようにしましょう。

このフレームサイズだけは、実際にお店に足を運び、自分に合ったサイズがどれくらいか把握しておくことが大事です。

自転車をはじめての買う時は、どんな通販を選べばよいか

“あれ? 通販では、サイズが合わせられませんよね。初めての自転車は通販では買わない方が良いってこと?”

はい、そうです。フレームサイズの見当もつかいないのであれば、通販はおすすめしません。

店舗であれば、実際に自転車に乗ってみることもできますし、間違いがありません。

でも、あわてないでください。実店舗を持ち、通販もしているお店を選べば問題ありませんから!

通販のよい点は、その品揃えです。ですから、実店舗でフレームサイズの見当をつけて、気に入った自転車が店舗になければ、通販で注文し、その店舗で受取をすればよいのです。

自転車は、購入した後、何もしなくてもずっと乗っていられるものではありません。時にはパンクしたり、ギヤの具合が悪くなったりと、修理や調整をしなければ快適に乗ることができません。日頃のメンテナンスが必要不可欠です。

しかも、そこそこのスピードで公道を走る乗り物ですから、しっかりと整備して乗るべきでしょう。

ですから、店舗もあって通販をやっているところの方が何かと後々便利ですし安心できます。

自転車を買ったら同時に任意保険も入っておきましょう

このところニュースでも話題になることが多くなった自転車による事故、特に人身事故を起こすと莫大な賠償金が請求されることが多くなってきました。

自転車の事故と言われれば、被害者側のイメージですが、実際には加害者側になってしまうこともあるのです。

わたしもロードバイクに乗っていますが、坂道などそこそこのスピードが出ていると、歩道側ぎりぎりを走るのではなく、車道側によって走るようにしています。脇道から、子供の自転車などが飛び出してきても避けられるようにしています。

でも幅の狭い車道を走っていて、すぐ横を車が走りすぎていくような道もけっこうありますし、自分が気をつけていればすべての事故が回避されるわけでもありません。

もちろん私も自転車保険には加入していますが、それ以上に事故に巻き込まれないように安全に気をつけて自転車に乗る方が大切でしょう。自分が怪我をしてしまったら、なんにもなりません。

初めての自転車であれば、販売店で保険の案内や加入ができるところで購入すると安心です。

まとめ

●スポーツサイクルは自分に合ったフレームサイズを選びましょう。

●通販で購入するならば実店舗もある販売者だと後々のメンテナンスや修理ができるので安心です。

●自転車保険にも加入して、マナーを守り安全に乗るようにしましょう。