わたしたちの健康に深くかかわっているものの一つに腸内フローラがあります。

この腸内フローラは、日頃意識することは、ほとんどないと思いますが、休んでいるはずなのに身体のがだるさが抜けない方や便秘がちな方などは、食生活に気をつけるだけで腸内フローラが改善し、症状が改善されるかもしれません。

腸内フローラをよい状態に保つための方法

わたしたちの身体が作り出す酵素とともに、腸内フローラでも食物を消化吸収するための酵素を作り出してくれています。

ただ、腸内フローラは放っておいてもそのように、私たちの身体に有益な働きを常にしてくれるわけではありません。

腸内フローラの善玉菌:日和見菌:悪玉菌のバランスを7:2:1に保って善玉菌優位になっていればこそ有益な活動をしてくれるのであって、バランスが壊れると悪玉菌優位になって逆に毒素を作り出すようになったりもするのです。

悪玉菌優位の状態が続くと、お腹の不調だけでは収まらず、その毒素が全身にまわりますので、倦怠感、頭痛、肌荒れなどの影響がでてきます。

便秘がちであるということは、腸内の環境が悪くなり、悪玉菌が増殖していることと推察されますので、豆腐、納豆や味噌(きちんと発酵をさせて作られたもの)を中心とした和食を食べるようにし、水分も充分にとるようにしてください。食物繊維が豊富な食物も腸内のビフィズス菌などの腸内細菌が増えるので積極的にとるようにしましょう。

この腸内フローラの機能を最善に保つためにも、発酵食品や酵素ドリンクを常日頃から、とるようにすると腸内フローラのバランスが改善し、身体の内部から応援してくれます。

腸内フローラの状態を知るには

腸内フローラの改善は、一朝一夕ではできません。気長に取り組む必要があります。
どれくらいの時間がかかるのかは、その人それぞれの腸内フローラの状態などの個人差がありますので、一概には言えませんが、続けていれば何かしらの変化を感じることができるはずです。

腸内フローラの影響は全身に渡りますから、便通や肌の具合などで判断ができます。

一番わかりやすいのは、便です。

力を入れなくとも、抵抗なく排泄でき、ゆるくもかたくもない便で、臭いもきつくなければ、腸内フローラの状態が善玉菌優位と判断してよいでしょう。