酵素ドリンクを飲むと痩せると言われていますが、なぜ酵素ドリンクがダイエットに良いのでしょうか。

ほんとうに酵素ドリンクを飲むだけで痩せることができるのか、酵素とは一体何なのかから考えてみました。

なぜ酵素を摂る必要があるのか

酵素は、食物を消化するための消化酵素や、呼吸をしたり、各栄養素から細胞を作り出する働き(新陳代謝)に関わる代謝酵素など、生命活動に関わる重要な働きを担っているものです。

酵素はわたしたち自身でも作り出すことができるものですが、無限に作り出せるというわけではなく、その量は限られてものであり貴重なものなのです。

私たちが食物を食べると、消化酵素が出ますが、その消化酵素は必要最小限の量しか分泌されません。

しかし、もともと酵素が多く含まれている食物を食べるのであれば、その消化を助けてくれる酵素が少なくて済みますので、私たちの体の負担が軽くなり、他の働きのためにその酵素を使えるようになります。

なので、生命維持にさまざまな働きをする酵素をできるだけ節約し、長く使い続けられるということなのです。

ですから、酵素が多く含まれた食物でも、加熱調理されたものばかり食べていると、生で食べるのに比べ、酵素を多く消費してしまうので、他の働きに回る酵素の量が限られてしまい。そうでない人に比べて、病気になるリスクが上がってしまうということになります。

酵素ドリンクで酵素を補うと

酵素ドリンクは、その名の通り酵素をとることを目的にしたものです。

野菜や果物に含まれている酵素は、熱に弱い(48℃で失われ始めます)ので、生で食べないと摂ることが出来ませんし、調理の仕方によっては、時間とともにに失われてしまうこともあります。

ですから、酵素を効率よく摂るのであれば、食べ方が限られてしまいますし、新鮮なものでないとそもそも意味がありません。

毎日、サラダを多量に食べる訳にはいきませんし、新鮮な食材を常に用意することも現実的ではありません。

そこで開発されたのが酵素ドリンクです。できるだけ酵素を壊さないような製法で酵素をとれるように考えられた飲料です。

酵素を摂ることは、わたしたちの身体の限られた酵素を有効に活用でき、これまで消化のために使われていた酵素が消化以外の働きにも使われるということですから、代謝のためにも使われやすくなるので、ダイエットに有効と言われているのです。

まとめ

●酵素は生命維持に重要な働きをしている

●酵素は身体では限られた量しか作り出せない

●酵素を補うことで、消化以外の生命活動も活性化できる