【暑い時期の畑仕事にもクロックスが快適】

楽しみの一つに、家庭菜園を借りています。収穫時期になると朝一番に畑をのぞきに行くのが楽しみなのですが、早朝の朝露に濡れた畑の中を歩くため、これまで長靴を履いていたのですが、夏野菜の収穫時には暑くて長靴を履くのが非常にうっとうしい。

それで、最近はクロックスを履いて畑へ行くようになりました。

素足にクロックス。スニーカーのように朝露がしみてくることもない上に、多少濡れてもサッと洗えてすぐに乾くメンテナンス性の良さ、それに底が厚くクッション性もよいのでふわふわと気持ちよく、しかも軽いので快適に畑を歩き回れます。

何より良いのがクロックスは脱げにくいことが良いですね。カカトに回すバンドも付いていますが、よほどの事がない限り足の甲へ上げてしまっていて、走ったりしないのならば、ほぼ使わずにすみます。

ただ、ダニの害がニュースで話題になっているので、今は靴下を履いてからクロックスで出かけています。

素足にクロックスだと、足の甲が擦れて多少傷になることがありますが、靴下を履けば問題ありませんし、履いた足の裏に汗をかいてヌルヌルするようなことも防げます。

クロックス、夏の畑作業に意外に快適です。

【夏のレジャーにも大活躍!】

今更のようですが、海に遊びに行った時に、砂浜のあの焼けついた砂の上を素足で歩くのは苦痛以外の何者でもありません。砂漠で片足を交互に上げつつ歩くトカゲの気持ちがよくわかります! そんな砂浜でもクロックスがあればヘッチャラ。余裕でゆうゆうと歩いて行けますし、そのまま海に入ってもOK。

磯のような岩場であってもカカトのベルトさえしていれば滑ることなく比較的安全に足の裏を守ってくれる頼もしいやつです。

夏休みともなると各地でお子様向けの野外教室やイベントが目白押しですが、カヌー教室などでも、クロックスは活躍します。カカトのベルトさえしておけば、足にしっかりと固定されますので、海に限らず川辺などの水際のスポーツや遊びには欠かせません。

【廉価なクロックスもどきは使えないのか?】

クロックス、大人用であれば数年持つものですから、クロックスもどきを買わずにクロックスを購入するのが正解だと思います。

ですが、キッズ用のクロックスとなると、成長に伴い数年間も履けないことが分かっていますので、クロックスもどきのものでも使いやすければ良いのではないかと思います。

クロックスもどき(と、あえて呼ばさせていただきますが、ピンキリです)、さすがに値段なりの性能しかありませんので、すぐにカカト留めのベルトが取れてしまったりということはあります。

逆に毎年買い換えると割り切れば、1年持てばOKなので、それほど慎重になることもなく使えるでしょう。

【だけど使い込むと滑りやすいという欠点も】

わたしのお気に入りのクロックスは履きだしてもう4~5年になるでしょうか。

履き心地が固くなるようなこともなく、未だに快適に使っています。ただ、一点だけ注意が必要です。
それは、クロックスの裏が擦れて、滑り止めの溝がなくなってしまい、つるつるになってしまうこと、雨で濡れたスーパーやデパートの床の上では、極端に滑りやすくなってしまいます。

これには、気をつけておいてください。怪我をしてからでは遅いので、長年愛用しておられる方は意識しておいたほうが良いでしょう。

ネットなどで、100円ショップの靴底補修材を使ったクロックスの再生法もあるようですが、数年使ったものは、新しいクロックスへと買い替えをした方が安心だと思います。

私も長年愛用したクロックスは、ベランダ用として2階へ上げ、普段使いのものは新調しました。

気軽に使える普段使いの履物としてみれば決して高いものではありませんので、目についた一足を揃えておいても損はないと思います。クロックスを履いてお気楽に出かけましょう。