湯舟につかりながら、スマホを使いたい!

でも浴室に入ると、スマホのWi-Fiインジケータが1つ点いているかいないか、たまにフツっと切れてしまって使えなくなってしまう…。

スマホですから、データ回線を使ってもいいのだけれど、せっかく家の中にWi-Fiを飛ばしているのに、その家の中でデータ量を消費してしまうのはちょっともったいない。

そんな状況を、解消するために導入したのが、バッファローのWEX-733Dです。

無線LAN中継器の設定はすごく簡単

WEX-733Dの設定は、スマホをWi-Fiにつなぐのと同じで特に迷うことはありません。

わたしは誤解していたのですが、中継器って中継されている本体のルーターのWi-Fi設定をそのまま引き継ぐので、今、Wi-Fiを使っているスマホやタブレットなどの設定を変更する必要がありません。

なので、中継器WEX-733Dを本体ルーターにWPSでつなぐだけでOKなのです。

わたしの場合、本体ルーターはバッファローせいではなくNECのものを使っていますが、問題なく使えています。

一旦設定してしまえば、Wi-Fiが弱い場所で、コンセントに挿すだけで中継してくれますので、便利です。
ただ、中継機なので、本体のWi-Fiがまったく届いていないようなところでは当然ですがつながりません。

このWEX-733Dには、本体側のWi-Fiの強さを知らせてくれる機能もありますので、中継できるかどうかは、そのインジケータを見れば、すぐに判断が付きます。

無線LAN中継器から有線接続も可能

WEX-733Dでは、中継器として受けた無線LANを増幅してWi-Fiとして飛ばすだけでなく、有線LANの端子も付いていますから、Wi-Fiを使えない機器でも有線LANをつないでネットに接続できます。

WEX-733Dを使ってみた感想

実際にWEX-733Dを使ってみて、使いたいところで安定したWi-Fiが使えるようになりました。
使い方も簡単で、コンセントに挿すだけで使えます。

浴室、2階の部屋、ベランダで使っていますが、Wi-Fiが途切れることなく安定して使えています。

スマホだけではなく、ノートPCでも使ってみましたが、特に速度が気になることもなく快適です。

途中でWi-Fiが切れてしまってイライラすることもなくなりましたので、買って損はないと思います。

まとめ

●WEX-733Dは、設定簡単でWi-Fiも安定している

●一旦設定してしまえば、コンセントに挿すだけで使える

●必要な時に必要な場所でWi-Fiを使えるので、自由度が広がる