クロックスは、毎日のように使うので、意外と汚れがつきやすいです。
特に白やグレーといった色の薄いものは特に汚れが目立ちます。

でも、待ってください! 靴洗い用のブラシでゴシゴシ洗ってもそんなに汚れがとれなかったのではないですか? わたしも、樹脂製ではありますし、水洗いで簡単にきれいになる印象だったので、ちょっと意外でした。

そこで、クロックスの汚れを落とすにはどうしたらよいのかを調べてみました。

ゴシゴシこするのはNG

硬いブラシやたわしで洗うのは、表面に傷をつけてしまうので使ってはいけません。
逆に傷の中に汚れが入り込んで目立ってしまいます。

基本的にスポンジで洗いましょう。

軽い汚れであれば、水で洗うだけでも落ちますが、水で落ちない場合は石鹸か中性洗剤を泡立て、スポンジで洗うのがいいでしょう。汚れがひどければ、漂白剤をスポンジにつけてこするとよいでしょう。

白や薄い色のクロックスは、こまめに手入れをしてあげるといつまでもきれいな色で履くことができます。

クロックスは使っていると、足の甲の部分に曲げグセがついてシワのようになり、そのシワに汚れがたまってしまうことがあります。そんな時には、メラミンスポンジを使うときれいになると思います。

メラミンスポンジでクロックスを洗う時には、大き目のものを用意してください。結構、ぼろぼろと崩れて、すぐに小さくなってしまいます。

クロックスは陰干しをしてください

クロックスの素材は、熱で縮むので、洗った後は日陰に干すようにしてください。水ぎれもよいので、風通しの良いところであれば、ほどなく乾くでしょう。

クロックスバター

クロックスのお手入れは、水洗いだけでもよいと思いますが、洗ってきれいにした後は、クロックス用のお手入れクリームであるクロックスバターを塗ると艶でて擦れたところの色も鮮やかさがもどってきます。

まとめ

●クロックスは意外と汚れやすい

●硬いブラシでこすって洗うのは傷つくのでダメ

●洗うのにはスポンジを使い、汚れにあった洗剤を選ぶ

●仕上げには、専用クリーム クロックスバターを塗ると光沢が戻る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【クロックス crocs 】 バター/butter
pan >価格:820円(税込、送料別) (2017/9/14時点)