わたしの場合、ちょっと出かける時には、車のキー、財布、ジョッター、ボールペンにスマホという組み合わせを持ち出します。そのままズボンのポケットに入れるには、少々かさ張るし、ショルダーバッグではちょっと大きすぎます。

そんな時にちょうどよく小物を入れておけるのが、手軽に使えるポーチです。

キャリングポーチ A6

使っているのはリヒトラブのSMART FITシリーズのA6のキャリングポーチ。

このシリーズは、単色のシンプルなデザイン(迷彩柄もあります)で、A6サイズながら、幅いっぱいの薄いポケットにペン挿し用のポケットとスマホにぴったりな大きさのポケットの3つが付いていて、モノの区分けができますので、一か所に持ち物全部を入れなくてもよく、財布を出すにも機能的で、非常に便利に使えます。

わたしが出かける時に持ち歩くくらいのモノなら、大きすぎず小さすぎず、無駄がありません。

ただ、A6サイズのこのポーチには、それ以上のモノを入れる余裕はありませんから、買い物に行くような時には小さく折りたためるエコバックを持ち歩くようにしています。エコバックを入れれば容量いっぱいな感じになります。

本体部分には、クッション材が入っておりただの袋状の生地だけではありませんので、それなりにしっかりした形を保っており、ふにゃふにゃはしていません。

このA6のサイズのポーチには裏側にズボンベルトを通して腰につけられるようにもなっていますが、わたしは使ったことがありません。

これまで、3年ほど、ほぼ毎日使ってきましたが、生地が擦れて毛羽立つようなこともなく、特に気になるようなこともなく快適に使えています。

キャリングポーチ リヒトラブ

リヒトラブのSMART FITシリーズは、A6サイズの他にもA5、A4、B5サイズの大きさのものがあるので、PCなどを持って出かける時には、A4サイズのを使っています。

これらはそのままポーチとしても使えますし、別売りのベルトを購入すれば、肩にかける事もできます。
不要な時にはすぐに外せますし、付け替えも簡単ですから、複数サイズを使っていてもベルトは一本を使いまわせます。

まとめ

●機能的でシンプルなので使いやすいSMART FIT

●持ち物の大きさに合わせて大きさが選べる

●デザインに余計な主張がないので日常的に使える

●耐久性も充分