近年、格安SIMという言葉もダイブ認知されてきたように感じます。

でも、使っている人は一部の人にまだ限られているようです。大手のキャリアも格安SIMに対抗したプランを発表したりと、携帯電話の料金が全体的に下がってきていますので、それぞれの利点を活かすプラン選択をして不要な料金をカットして賢く節約しましょう。

わたしがはじめて格安SIMを知った時には、機能は変わらないのに、こんなに安くなるとは…、とすごく得した気分でした。それまで7000円以上掛かっていた電話代が、2000円を切るまでになったのですから!

格安SIM初心者もとっつきやすい楽天ポイントも使える楽天モバイルをご紹介します。ちなみに楽天モバイルは、メインで使用している格安SIMサービスシェアNo.1です。

音声通話ができる格安SIM

わたしのお勧めは 、音声通話(電話回線付)ができるタイプのSIMです。
これまで、通話の代替として、ネット回線上で使うことのできるIP電話サービスを試してきましたが、いつでもどこでもちゃんとつながるとは残念ながら限りませんでした。

わたしは、緊急時にちゃんとつながらなければ、電話の意味がないと考えていますから、IP電話サービスは基本料金が無料かほぼかかりませんので、魅力的なのですが、現在は使っていません。

ほとんどの格安SIMはデータ通信のみのSIM料金に音声通話回線がつくと700円の追加料金がかかりますが、大手キャリアでもう1台電話を使うのに比べて僅かなものです。(現在使っているスマホがそのまま使えると仮定)

楽天モバイルの音声通話SIMの料金

では、楽天モバイルで音声通話SIMの料金を見てみましょう。

ベーシックプラン 1,250円 (データ通信が使い放題ですが、通信速度が200kbps)
3.1Gプラン    1,600円
5Gプラン     2,150円
10Gプラン     2,960円

これ以上のデータが使えるプランもありますが、はじめて格安SIMを使われるのならば、3.1Gのプランから始められるとよいでしょう。

データ量に不足を感じたら、月に1回だけ、手数料がかからずにプラン変更できますから、3.1G→5Gへと変更すればよいでしょう。逆に余るようであれば、逆にデータ量の少ないプランへ変更すれば、料金を安くおさめられます。

ベーシックプランはデータ通信量に制限はありませんが、それは回線速度が200kbpsと低速だからです。
この回線速度だと、動画鑑賞や音楽のストリーミングなどはきついですが、メールやテキスト検索であれば充分に使えます。でも、3.1Gプランとの差額が350円ですから、ナビソフト(google mapなど)を使うのであれば、快適性が違いますので、3.1Gプランがおすすめです。

格安SIMを使うなら、楽天でんわサービス利用で電話代が半額!

楽天モバイルで音声通話をすると通話料は20円/30秒となります。これは他の格安SIM業者でも同じ額なのですが、「楽天でんわ」のアプリを使って音声通話をすると、10円/30秒になり通話料が半額になりますので、ぜひ使いましょう。

【】もちろんMNP対応、あんしんサポートで困りごと相談で解決できる!

楽天モバイルは、MNPに対応していますので、これまで使ってきた馴染みのある番号をそのまま使うことができます。

オプションとして、あんしんリモートサポート 500円/月をつけることができますので、端末の使い方やアプリなどわからないことがあれば、アドバイザーが相談に乗ってくれ、解決のお手伝いをします。
もちろん、楽天モバイル以外のアプリの相談もできます。

まとめ

●音声通話できて¥1,250から

●楽天でんわ利用で音声通話の電話代が半額!

●使っている番号をそのまま継続できるMNP

●あんしんサポート(オプション)で、いつでも相談